安全性について

分析試験項目

結果

検出限界

方法

ヒ素(As2O3として)

検出せず

0.1ppm

原子吸光光度法

重金属(Pbとして)

検出せず

1ppm

硫化ナトリウム比色法

アフラトキシンB1

検出せず

5ppb

高速液体クロマトグラフ法

BHC

検出せず

0.02ppm

ガスクロマトグラフ法

DDT

検出せず

0.02ppm

ガスクロマトグラフ法

アルドリン

検出せず

0.01ppm

ガスクロマトグラフ法

ディルドリン

検出せず

0.01ppm

ガスクロマトグラフ法

エンドリン

検出せず

0.01ppm

ガスクロマトグラフ法

パラチオン

検出せず

0.05ppm

ガスクロマトグラフ法

1%の万生溶液を精製し、人体に有害とされる成分の有無について財団法人日本食品分析センターによる試験を実施しました。その結果、安全に使用できることが十分に確認されました(上の表)。また、マウスを使った急性経口毒性試験においても、食塩の何倍もの安全性があることが確認されました(下の表)。
?

試料

摂取量[mg/kg

急性経口毒性定義

ボツリヌス菌

0.00000032

毒性<30mg

青酸カリ

10

ニコチン

5060

30mg劇物<300mg

食塩

4,000

300mg普通物

エチルアルコール(酒)

7,000

万生

20,000

砂糖

29,700

※すべてのマウスが健康な状態のまま生存していましたが、この数値で十分の安全性が確認されたため、試験を途中で中止しました。

Trademark registration number 2002-096628 万生(ばんせい)

抗酸化作用